サラフェ 男

MENU

サラフェは男性でも使えるけど...女性とは塗り方が違う!?

顔汗で悩んでいる女性は数多くいます。

 

「朝、しっかりメイクをしたのにも関わらず、通勤している間に汗でどろどろになってしまった。」

 

「大切なプレゼンなのに緊張して汗をかきすぎて、そのことが気になるあまりミスを連発してしまった。」

 

こういったビジネスの場だけに限らず、

 

「遅刻しそうになって慌てていった合コンであまりにすごい顔汗で印象が最悪、初めてのデートなのに屋外だったせいで顔汗が気になって何度もトイレで化粧直しをしなければならなかった・・・」

 

など、顔汗に関する悩みは尽きないものです。

 

 

しかし、この顔汗の悩み、実は女性だけが抱えている物ではありません。どうしても顔汗となると化粧への影響がまず考えられますので、女性の悩みだと思われがちですが、実際に顔汗で悩んでいる男性はたくさんいます。

 

むしろ、男性の方が女性よりも基礎代謝がよかったり、筋肉量が多ければそれだけ発熱しますから、体温が高くなりがちです。さらに、毛穴も男性の方が大きかったり多かったりするので、汗をかきやすいのは女性より男性だということができますね。

 

こういったことから、顔汗に悩んでいる男性はとても多いのです。特に営業の仕事や外回りがメインの仕事をしていると、常に汗をかいているといっても過言ではありません。

 

それなのに、客先で大切な説明をしなければならなかったり、契約をとらなければならなかったり。

 

顔中汗をかいていると、印象はマイナスになりかねないのです。ワキや汗用の制汗剤はたくさんの商品が展開されているのに、顔汗用の商品はなかなかありません。

 

そこで、女性から抜群の支持をされている顔用制汗剤、サラフェは男性も使うことができるのか調べてみました。

 

 

<サラフェは男性でも使える>
男性の皮膚は、女性の皮膚に比べて20?30パーセントほど分厚い、という説もあります。また、男性はホルモンの影響で女性よりも体毛が濃いため、すなわち毛穴も大きくなりがちです。

 

つまり、皮膚に関しては、もちろん個体差はありますが、一般的に言うと男性の方が女性より強い場合がほとんどです。

 

サラフェは、高純度パラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されていて、この薬用成分がしっかりと汗を抑制してくれます。

 

他にも、シャクヤクエキス、茶エキス、ワレモコウエキス、柿タンニン、シメン‐5?オール、ヨクイニンエキスといった肌を整えてしっとり保湿してくれる天然成分がたくさん入っています。

 

さらに、合成香料、着色料、鉱物油、パラベンは使われていないので、女性の中でも特に敏感肌な方も安心して使うことができるように作られています。

 

このように、肌に優しいサラフェなので、女性の肌より基本的には強い男性の肌でも安心して使えることができることが分かります。

 

制汗の成分はもちろん男性の肌にも同じように効果を発揮しますので、顔汗に悩んでいる男性の悩みも、サラフェで解決できるのです。

 

 

<男性がサラフェを使う時におすすめの方法>
女性がサラフェを使う時は、化粧下地として使うことが多いようですね。男性が使う場合は、朝の洗顔のあと水分をしっかりふき取ってから、顔に塗るのがよいでしょう。

 

女性に比べて汗の量が多いので、効果が実感しやすいかもしれません。即効性はないので、もし気になるようでしたら休憩時間にトイレなどでささっと塗り直すのもおすすめです。

 

口コミでは、塗り続けることで効果を感じている方が多いので、続けて使い続けるのがよいようです。また、パッケージもあからさまではないので、もし何か問われたときはハンドクリームだと誤魔化すことができるのもいい点だという口コミもあります。

 

さらにおすすめの塗り方は、首元までしっかりと塗る方法です。男性はどうしても髪が短いので、シャツの首、襟周りに汗がしみていたりそのせいで黄ばんでしまったりして、不潔に見られてしまうことがあります。

 

サラフェを首までしっかり塗ることで、そういったことも予防できるのです。男性にもおすすめのサラフェ、この機会にぜひ手に入れてくださいね。

 

>>サラフェの公式サイトはこちら